IXYgirlのエトセトラ

「ギターミュージッククラブ」HPの管理人、IXYgirlのブログです。
ギターとはあまり関係のない内容になっていますのでご了承ください。
<< 千の風になって、今頃 | main | スキー部キャンプ2015〜おさらい >>
なかったことにしよう
4つ葉のクローバー
先週日曜日に美容院へ行ったことをこのブログに書きましたが、そのことでこの1週間をとんでもなくブルーな気分で過ごすことになってしまいました。

生え際をカラーリングしてもらったのだけれど色を間違えられてしまい、根元が茶色、そのほかは黒色、というへんてこな髪になってしまったんです。
カラー後、鏡を見たら生え際が茶色に!!びっくりして染めてもらった女性スタッフに「茶色くないですか?」と尋ねたところ、「前回と一緒です」という返事。(前回と同じ色でお願いしますと私は言った。前回黒髪にしてもらったのでもちろん根元も黒色に染めてもらえると思った。)
「これって黒くなっていきますか?」とさらに尋ねると「色が落ち着いたらなっていきます」と言われ、それ以上なにも言えなくなってしまいました。
そのあとオーナーにカットしてもらうことになっていたのでおかしければ何か言ってくれるだろうと思っていたら結局何も言われず、「本当に黒くなっていくのかな、これは間違っていないということなのかな」とちょっと不安に思いながら家に戻りました。

家に戻っても鏡を見ては「やっぱ茶色くない?大丈夫なのか?」と自問自答。次の日、朝起きて鏡を見て「間違いない!茶色い!!」と確信に変わったのだけれど美容院は月曜日が定休日のため、悶々と過ごし(もちろんその髪のまま仕事を行きました)、火曜日の朝、美容院へ電話をしてこのことを説明しました。
オーナーは平謝りで私の都合のいいときに来てほしい、きちんと対応させていただきます、ということになったのだけれど、平日は仕事で行けないので土曜日まで待つしかなく、本当に気の滅入る日々を過ごしました。

あー、ひどい目にあった。
鏡を見てはため息ばかり。これから美容院どうしよう。割り切ってあそこに通うか、違う美容院を探そうか・・・、なんてことを考えたりしていました。

そして昨日、直してもらいに行ってきたんですけどね。
それはそれは丁寧な対応でした。
そしてオーナーにこう言われました。
「今回のことは本当に申し訳なかった。○○さん(私)が茶色くないか?と訴えたとき、うちの担当者は自分にそのことを伝えなければいけなかったし自分も気づかなければいけなかった・・・。
(結局前回の色を見間違えていたらしい)
今回のことはスタッフ全員で話し合いました。本当にとことん話し合いました。○○さんにどれだけ不愉快な思いをさせてしまったか、こちらを信頼してくれていた○○さんに最悪の対応をしてしまったことをみんなで反省しました・・・。
それで今回のことを教訓にしようということになりました。二度とこのようなことが起こらないよう仕事のやり方を見直しました・・・。
そしてこのことを忘れないためにも私たちの戒めのためにも○○さんの髪の毛を1年間ケアしていこうということになりました。今回間違えて染めてしまった部分がなくなるまで、○○さんの髪の毛が痛まないよう毎回トリートメントさせていただきます。
(何だか大ごとになってしまってる!)」

それを聞いていて何だか泣けてきそうになりました。うれしかったからじゃありません。
今回のことがなかったらどれだけよかったか、とつくづく思ったからです。私もとっても嫌な気分になったし、おそらく間違えて染めちゃったスタッフも、そしてオーナーもすごく落ち込んですごく傷ついただろうな、と思ったからです。

毎回タダでトリートメントしてもらえるなんて逆にラッキーじゃん、って喜ぶ人もいるかもしれませんが、私はそんなの全然いらない。今回のことが起こっていなければどんなによかったか、と思う。

美容院にいる間、私は怒るでもなくニコリと笑顔を見せるでもなく、また来ますとも言わず、ぺこりと頭を下げて帰ってきました。
あれだけ丁重に扱われたのに今回のことをなかったことにできない私がいました。

で、ずっと引きずったまま、今朝テレビを見ていたら、先週の24時間テレビの総集編がやっていて、もう総集編だけで泣いてしまったのですが、その瞬間頭に乗っかっていたものが取れました。私、なんてどうでもいいことで深刻ぶってるの!髪が茶色くなったくらいで何を落ち込んでるの!そんなことをつらいと思えるなんてどれだけ恵まれてるの!!

先週自分がどれだけ恵まれているか思い知ったばかりなのにあっという間に忘れてしまうなんてこのバカちんが!

ということですっかり立ち直った、というお話でした。
あ〜あ、ホントにバカみたい。
| 日常あれこれ話 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.guitarmusicclub.com/trackback/953458
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE